ディスプレイスタンドから始まったこと

この記事は過去に運用していたブログから移行したものです

はじめに

この記でLGのディスプレイを修理し、運よくデュアル環境になったのですが
こんな感じで、母艦のiMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)と高さが合っていない。
 
ディスプレイスタンドあった方がいいな。
自分で作ればすむ話なのですが、ちょっと考えがあり
迷いながらもFacebookに投稿しました。
 
もしかしたら新しい人のつながり、金属、木材などの特別な加工ができる方と
繋がれるチャンスになるかもしれないと思ったのです。
 
ぼくの思いつきから始まったことが、どういう結果になったのかを
この記事で書いていきます。
 
 
つながり
Facebookに投稿後、たくさんの方からコメントをいただくことになります。
 
・Kさん
「私は木で作り、キーボードを使わない時にしまえるようにしています。」
  この方は、天文研究会つながりの方です。
  自分のことを混ぜてアドバイスをくれました。
 
・Sさん
  「視線的には、モニターが上に来るのは良くないと思います。
   むしろ、我が家は一歩下がったところにモニターをおいています。」
  この方も、天文研究会つながりの方です。
  iMacと高さを合わせることばかり考えていましたが、
  視線について資料を送っていただきました。
  資料によると、私の身長だとディスプレイスタンドを入れても
  問題ないことが分かりました。感謝です。
 
・父
 「コンパネで、箱を作れば。」
  自分で作るとしたら、間違いなくこれを選びました。
  コンパネの端材が家に残っているらしく、使っていいぞとのこと。
  確かに楽で、タダで、自分でできるいい方法なのですが
  ちょっと最初の思惑があったので、一旦様子を見ました。
 
・Sさん
 「ちょっと簡単なiPhoneアプリを作って欲しいのですが
  モニター台と交換でどうですか?」
  この方はものづくり学園つばめコアメンバーの杉山さんです。
  アクリル加工の技術を持っている方で、iPhoneアプリと交換で
  スタンド作っていただけることになりました。
 
  ものづくり学園つばめはいろんな職種の人が集まっています。
  新しいつながりを見つけやすい場所です。
  Facebookに投稿するより、ものづくり学園つばめに相談すると
  また違った発見や、経験ができるかもしれません。
 
  ぼくは学生で、家賃を払ったりすることはできないけれど
  組み込みプログラムや、iOS開発などでこれからも
  お世話になり、できることはやっていこうと思います。
 
 
iPhoneアプリ
作るものは、AppleTVでストリーミング
するために全画面で表示できるカメラ。
ものづくり学園つばめにあるIPhone5(iOS10.3) 向けの開発です。
 
その後開発を始め、数時間で使える
レベルのものが出来上がりました。
 
詰まったことは、
iPhone5のエミュレータの
ダウンロードをしていなかったことくらい
 
かなりスムーズに行きました。
 
しかし、この後
ぼくのうっかりミスで事件が起こります。
納品
杉山さんから連絡があり、完成したスタンドをいただきました。
このようなコの字型のスタンドです。
Kさんのようにキーボードも入れることのできるサイズで
作っていただきました。
家にあった布を滑り止めにひき、iMacとの高さもぴったりです。
ありがとうございました。
高さ:55mm 幅:310mm 奥行: 210mm
アクリル製
事件
ここで事件が起きてしまいます。杉山さんと相談していく上で
アプリの改良点が出てきたので、改良してRunしてを繰り返していました。
 
ですが、エミュレータではカメラがうまくないので、
当然、自分が使っているIPhone6で実機デパッグしようという流れになります。
実は、以前からiPhone6のバッテリーがそろそろ限界に来てて、
ケーブル繋いでいるのに電池切れとか、アプリ起動時に再起動したり
色々ひどかったので、iOS11.3 Beta にアップデートして新機能の
バッテリーメニューを試していたのです。
 
復元しようか….
まとめ
結論、次何かやりたいときは、ものづくり学園つばめに相談してみます。
きっと新しい何かがあると思います。