CH340Driver install to HighSierra

この記事は過去に運用していたブログから移行したものです

はじめに
CH340はwchという会社のUSB-シリアル変換チップです。
Arduino互換機などによく搭載されています。
 
今回は Arduino pro mini 互換機
“Maruino”をMacOSHighSierra上のArduinoIDEで開発するために、
ドライバーをインストールしようとして格闘した記録です。
 
 
インストール失敗
まず、Maruinoの公式ページにあったリンクからドライバーインストールを試みました。
 
リンクをクリックするとファイルがインストールされたので、
内包されていたpkgを実行して、インストーラを起動します。
指示に従って作業を進めると、再起動を求められたので、再起動しました。
 
再起動してボードを接続…音沙汰がありません。
どうも変な感じだったので、システムレポートを確認しました。
すると、こんな感じ。
インストール前に確認した時と同じ状態でした。
インストールしたはずのCH340ドライバーが正常に機能していないようです。
 
ArduinoIDEでの書き込みを試そうとすると、MacOSが強制終了して
異常が発生したためコンピュータを再起動しますとの警告が。
カーネルパニックになってしまったようです。
 
 
MacOSSierra用ドライバー
ネットサーフィンで解決策を探したところ、自分の状況に似たものを見つけました。
 
MacOS10.13(HighSierra)でドライバー関連のセキュリティがアップデートされて
OSX時代のCH340ドライバーは使用できなくなったとのこと。
 
ぼくのiMacにインストールされているのはMacOS10.13.3(HighSierra)でも使えない。
Maruinoの公式ページにあったものはこのOSX時代のモノだったのでしょう。
 
MacOS10.13(HighSierra)に対応したCH340ドライバーは
世界の誰かさんが開発していて、インストールすることで
CH340を認識するだろうとの情報。
 
 
このリンク先にドライバーがあります。
 
 
いざインストール!
まず、古いドライバーを完全にアンインストールします。
管理者権限で削除コマンドをターミナルで実行。
 
sudo rm -rf /System/Library/Extensions/usb.kext
sudo rm -rf /Library/Extensions/usbserial.kext
 
この2つのどちらかで削除できます。
 
上記リンクよりMacOS10.13対応のドライバーのファイルをダウンロードします。
インストールしたディレクトリの中にpkgがあるので実行。
インストーラーの指示に従ってインストール。
再起動を求められたので、再起動。
 
新しいドライバーにインストールし直したので
ここですんなりうまく行くものだと思っていました。
しかし相変わらずシステムレポートには変わりなし。
 
代わりにシステム環境設定にセキュリティ警告が出ました。
スクリーンショット取り忘れたのでAppleのページから
同じ警告を載せておきます。
何か怒ってるのだなーと思い、許可をクリックしますが、反応がありませんでした。
システム環境設定を再起動しても警告は消えません。
 
 
セーフブート
この警告が出た時には、MacOSをセーフブートした環境でインストール
するとドライバーが警告出ずにインストールできることがあるらしい
という情報があったので試してみました。
 
まず、先ほどと同じように前のドライバーを完全に削除。
 
sudo rm -rf /System/Library/Extensions/usb.kext
sudo rm -rf /Library/Extensions/usbserial.kext
 
この2つのどちらかで削除できます。
 
その後、MacOSシステム終了します。
Macがシャットダウンされたことを確認したら、
 
“Shift”キーを押しながら電源ボタンを押し、Macをセーフモードで起動します。
メニューバーに”セーフモード”と書かれた状態で起動したらOKです。
 
先ほどと同じ手順を踏んでいきます。
MacOS10.13対応のドライバーの中のpkg実行。
インストーラーの指示に従ってインストール。
再起動を求められるので、許可。
 
再起動して、通常モードでMacOSが起動しました。
ボードを接続して、システムレポートを開きます。
 
すると、今までUSB2.0-Serialだったボードの表示が
Vendor-Specific Device となりました。
 
インストールできたようです。
 
 
終わりに
あとで知りましたが、CH340はMacOSと
相性が悪いと有名だったようです。
 
結構ハマりましたが、とりあえずドライバーのインストールはできました。
これから開発していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です