ESP-IDF 環境構築

ESP32をArduinoIDEよりも深く?
使えるESP-IDFの環境構築方法のメモ

環境:Windows10 Home

ここから toolchain と MSYS のzipもらってくる
http://esp-idf.readthedocs.io/en/latest/windows-setup.html
Cドライブ直下に解凍、/c/msys32 という名前のフォルダができる

Cortanaの検索窓にでもC:\msys32\mingw32.exeと入れて実行

bashが使えるようになったらコマンドを順番に打ってく
$ cd /bin
$ ./rebaseall
$ cd /c
$ git clone --recursive https://github.com/espressif/esp-idf.git
$ exit

/c/msys32/etc/profile.dの下にadd_IDF_PATH.shというファイルを新規作成
内容はexport IDF_PATH=”/c/esp-idf”としておく

/c/Users/ユーザー名/Documents/esp32/とか適当にフォルダ作る
プロジェクトの格納先。

C:\msys32\mingw32.exeもう一回実行

$ cd /c/Users/ユーザー名/Documents/esp32/
gitからLチカのサンプルもらってくる
$ git clone https://github.com/espressif/esp-idf-template.git
$ cd /c/Users/ユーザー名/Documents/esp32/esp-idf-template

シリアルポート設定する
$ make menuconfig
Serial flasher config>Default serial port
COMなんたらに変更
Exit。

ビルドする。
$ make

ちなみにサンプルのLチカのIOは4なので4にLEDでもつないどく

書き込み。dev.kitなので特にボタン押さなくてOKだった
$ make flash
終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です