LGディスプレイ修理

この記事は過去に運用していたブログから移行したものです

はじめに

 

先日、お店で使っていた

LGのディスプレイがつかなくなり父親が交換しました。

今はこのディスプレイに変わっています。
もともとこの場所に置いてあったのは、
このLG W2361VGです。
電源を差し込むと一瞬電源ランプがぽかっとついて、消えちゃいます。
父親からもらい、バラしてみることにしました。
分解
まず、黒フチのところにドライバーを入れて、ツメをパチパチ外しました。
思っていたよりもずっと硬いです。
ツメを折らないように、液晶傷つけないようにするのが意外と難しかったです。
次に電源ケーブルで
一瞬電源ランプがついたことをヒントに
電源あたりを詳しく見る
液晶の基盤と、
ボタンの基盤から
電源基盤へのケーブルを外し
基盤を取り出しました。
ボードを確認すると、
見つけることができました。
コンデンサがふくれてます
16V1000μFが3つ。
早速、秋月電子で16V1000μFを買い、
ハンダを外して交換します。
iMacに MiniDisplayPort to HDMI アダプター を通して接続してみます。
デュアルになりました。
今まで部屋になかったHDMIが使えるディスプレイが出来ました。
これからこの部屋でラズパイも使えるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です