Unity Live2Dモデルのインポート

UnityにLive2Dのモデルをインポートします

サーバー立てた理由にもなる企画です
概要はある程度出来上がるまで伏せます

用語紹介

Unity
統合開発環境を内蔵したゲームエンジン
2Dはもちろん、3DやVR用アプリケーションも作ることができる
Web,iOS,Androidなど様々な機器向けにデータをエクスポートできる

UnityPackage
Unity上で利用できるいくつかの機能を
ひとつのファイルにまとめたパッケージ

Live2D
2D画像を変形、またその一部を補完することで
アニメーションモデルを作るソフトウェア
最近はVTuberブームで、関連する技術のサンプルが豊富

Live2D Cubism 3
Live2Dモデルを作ることのできる開発環境
PhotoShopファイルをもとにしてモデルを作成でき
動画として出力したり(VTuberみたいなイメージ)
Unity等で使用できるファイル形式でエクスポートしたりできる

Cubism 3.0 SDK for Unity
Unity環境下でLive2Dモデルを動作させるためのSDK
UnityPackageとしてUnityに取り込むことで使用できる

サンプルモデルダウンロード

http://www.live2d.com/ja/download
上記リンク先より、Live2D用のサンプルモデルをダウンロードしてきます
今回は桃瀬ひよりFREE版を使いました

モデルを組み込み用ファイルとして書き出し

Live2D Cubism 3起動

ファイル>ファイルを開く>ダウンロードしたモデル.cmo3

このような形でモデルファイル(編集用)が開きます
次に、このファイルをUnityに取り込める形式でエクスポートします

任意の場所にテキトウな名前のディレクトリを作成しておきます

ファイル>組み込み用ファイル書き出し>moc3ファイル書き出し

先ほど作成したディレクトリ内に書き出します
私の場合はこのように出力されました

次に、モデルを動かすためのアニメーションファイルを書き出します

ファイル>ファイルを開く>ダウンロードしたモデル.can3

このようなアニメーション編集用ビューになったはず
もしまだモデル編集用ビューだったら
ウィンドウ左上のModelerというボタンを押してAnimatorに変えてください

書き出します
先ほどモデルファイルを書き出したディレクトリを指定するようにします

ファイル>組み込み用ファイル書き出し>モーションファイル書き出し

モーションファイルが追加されました
これでLive2DのUnity用ファイルの書き出しは終了です

Cubism 3.0 SDK for Unityダウンロード

https://live2d.github.io/#unity
上記リンクより最新版を任意の場所にダウンロードします

UnityにCubism 3.0 SDK for Unityをインポート

公式のマニュアルはここ

Unityを起動
8GBのメモリだとほぼフルに使うようです
任意のプロジェクトを作成します
Templateオプションに2Dを指定してください

初期画面が開きました

Cubism 3.0 SDK for Unityをインポートします
画面下部にあるAssetという項目の中で右クリックし

Import Package>Custom Package...

先ほどダウンロードしたCubism 3.0 SDK for Unityの
unitypackageを指定して読み込みます

念の為ここで一度ビルドしてみます

File>Build & Run

エラーが出なければたぶんここまで順調です

UnityにLive2Dの組み込み用ファイルをインポート

先ほどLive2D Cubism 3で書き出した
Live2Dの組み込み用ファイル群をUnityにインポートします

出力されたモデル・アニメーションデータが入っている
ディレクトリをドラッグ&ドロップで
Unityのウィンドウ下部のAssetというところに入れます

入れたディレクトリの中に、青い箱アイコンの
ファイルが自動で生成されているはずです

この青い箱ファイル(Prefab)をUnityの真ん中のSceneエリアに
ドラッグ&ドロップで入れます

表示されました
サイズが小さすぎたりした時は赤枠のところのパラメータで調整します

ビルドしてみます

File>Build & Run

成功しました
以上でUnityへのLive2Dモデルのインポートは終了です

アニメーションモデルをドラッグ&ドロップすると
このような形で動かすこともできます!